NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタープリター修業

014_R_201504201755358c7.jpg
エゾノリュウキンカ
  またもや矢部先生がガイドの指導に来てくれました。開園後、私たちは来園者を案内することになりますが、矢部先生は私たちがインタープリターとなって湿原の魅力を伝えてほしいと考えています。 【“インタープリター修業”の続きを読む】
スポンサーサイト

キウシト湿原の春探し


  子どもたちが探した春
  すっかり雪がなくなった湿原で一足早い春探しが行われました。参加したのは近所の子供たち9人。ぽかぽかあったかい陽気のなかで、春探しにチャレンジしました。 【“キウシト湿原の春探し”の続きを読む】

キウシト湿原大忙し


  「のぼりんフェスタ」が開催され多くの市民が会場を訪れました。私たちのブースもフクロウ作りを体験するお客様でにぎわいました。
【“キウシト湿原大忙し”の続きを読む】

キウシト湿原、くじ引き


  明日22日は登別市民会館で「市民活動交流フェスタ」が開催されます。私たちも参加するため会場の設営に行きました。一つの団体に二枚のパネルと二脚の机があたります。場所の良し悪しが来客数に影響します。はたして、カワじぃは良い場所を引き当てることができたのでしょうか? 【“キウシト湿原、くじ引き”の続きを読む】

富岸小学校 湿原学習


8月23日、富岸小学校の3年生が湿原を見学しました。富岸小学校は登別市内では最も生徒数が多い学校です。指導した我が会の会員も大変だったようです。 【“富岸小学校 湿原学習”の続きを読む】

ミズバショウ観察会

5月3,4,5日の三日間、市民のみなさんにミズバショウを鑑賞していただきました。今年は開花が遅れたことが幸いし、ミズバショウも小さく、例年よりかわいい姿を見ることができました。ただ、初日こそ20数名の参加で最適な規模でやりやすかったのですが、4,5日は約60名ずつの参加者があり全員に説明が行き届いたのか疑問でもありました。今後の観察会の回数や案内の方法などに課題を残しました。
061_R.jpg
【“ミズバショウ観察会”の続きを読む】

ササ刈りしました

4月13,14日、春恒例のササ刈りを行いました。年々ササの後退、湿生植物や林床植物の回復など効果がはっきり表れていますが、今年は特に木道周辺を念入りに刈りました。
040_R.jpg
物置には草刈機がびっしり
【“ササ刈りしました”の続きを読む】

市民活動交流フェスタに参加

2月16日(土)「のぼりん」において、市民活動交流フェスタ
「ザッツ・むすびば」が開催されました。

参照
「のぼりん」ホームページ

私たちも「パネル展示」と「工作体験」で参加しました。パネルには冬のキウシト湿原で見られる動物の足跡の写真を載せ、「誰の足跡」か犯人探しのクイズ形式としました。工作ではフクロウ作りを体験してもらいました。
038_R.jpg
パネルの前で解説するKAWAじい 【“市民活動交流フェスタに参加”の続きを読む】

青葉小学校湿原体験

aoba12 (2)
  8月28日、青葉小学校の3年生が湿原の体験学習を行いました。元気な子供たちの対応には我が会のじいさんたちとお嬢さん方があたりました。 【“青葉小学校湿原体験”の続きを読む】

会報「ツルコケモモ」復活

003_R.jpg

  19日、のぼりんにて7月例会を行いました。NPO設立の要件や手順などについて学習しました。また、指定管理者として公園管理に携わったときにやらなければならない業務について検討しました。
  うれしい話題として、編集委員の努力による会報「ツルコケモモ」の復刊がありました。年3回発行の予定で、会と会員をつなぐ重要な役割を担ってくれることと期待しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。