NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月例会

kami3

 19日、市民会館児童室で9月例会を開きました。キウシト湿原の実施設計を担当している「キタバランドスケープ」から計画図案が提示され、意見交換を行いました。計画図案は会で市へ提言した将来図に沿って計画していただいているのですが、細部について検討の必要があります。
1、侵入防止柵を何処まで設けるか?夜間の利用をどうするか?
2、木道のルートや広さ。
3、湿原を高位置から展望する観察デッキの形状。
4、ビジターセンターの規模。
これらの点について検討しましたが、いつものごとく、ケンケンガクガク。この会の宿命か?
 このような意見交換会が1月下旬と3月下旬に開かれ、実施設計が完結することになります。
【“9月例会”の続きを読む】
スポンサーサイト

HBCテレビ取材

shuuryou

 秋恒例のオオハンゴンソウ刈りですが、雨が降ったり止んだりのいやーな天気。カッパは雨を防いでくれるものの、カッパの下は汗でびっしょり。はたして、カッパを着た意味があったのかどうか。今回は札幌の会員も高速道路で駆けつけて参加。おまけに、農大の中村先生が「道民カレッジ」という番組で湿原について講義するそうで、HBCがテレビ取材に訪れました。 【“HBCテレビ取材”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。