NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鏡沼」観察ツアー


  アカモノ (大湯沼にて)
  27日、年に一度の湿原観察ツアー。今回はニセコの鏡沼に出かけました。早朝7:30に登別を出発し、10:30に鏡沼入り口に到着。 【“「鏡沼」観察ツアー”の続きを読む】
スポンサーサイト

穴だらけのミズバショウの葉

kemusi (5)
  穴から木道が見えるほどボロボロ。あきらかに食害だと思われます。では、犯人は誰?気が弱い人は続きを見ないでね。 【“穴だらけのミズバショウの葉”の続きを読む】

木道のそばではエゾカンゾウの群落が満開です


  外来種駆除を続けた結果、エゾカンゾウが増えてきました。木道の傍らではまだまだ増えていきそうです。数年後にはさらに見事な群落になるでしょう。 【“木道のそばではエゾカンゾウの群落が満開です”の続きを読む】

KAWAじぃさんの網技伝承

捕れた1
  ホタル池に今日も子供たちがやって来ました。子供たちの様子をしばらく見ていたKAWAじぃさんでしたが、網の使い方を教えたくてウズウズ。 【“KAWAじぃさんの網技伝承”の続きを読む】

エゾノコリンゴ開花

koringo (1)
  ようやく暑くなってきました。暑さによる乾燥は湿原に悪影響を与えるのでは?でも登別は大丈夫。この時期、特有の霧が発生するので、このことが湿原の存在を可能にしているそうです。霧はイヤだけど、湿原をプレゼントしてくれるなら我慢するか。
【“エゾノコリンゴ開花”の続きを読む】

エゾカンゾウが開花しました

kanzo (1)
  開花始まったばかりです。まだ当分楽しめそうです。
kanzo (2)
【“エゾカンゾウが開花しました”の続きを読む】

咬まれたことありますが、イタイですよ

genmodo (8)
  ゲンコロウモドキの幼虫だと思います。肉食ですから顎が強烈!でも、ヘビトンボほどではないですから皆さんも一度咬まれてみてはいかがでしょうか?
 実はこの写真、塩類濃度の高い水を遮断壁で囲ってできた池で写しました。少し面倒な説明になりますが、お聞き下さい。
【“咬まれたことありますが、イタイですよ”の続きを読む】

スミレの仲間は見られなくなりそう

ezoringo (2)
  今年はほとんどの種が約10日ほど遅れて開花しました。その分、いつもより遅くまでそれぞれの花を楽しめていますが、限度はありますから終わりは来ますよね。スミレの仲間も次の種にバトンタッチの時期です。

ezoringo (1)
  エゾノコリンゴが赤いつぼみを用意しています。エゾカンゾウやバイケイゾウなどもどんどん成長しています。開花の報告をする日もそう遠くないでしょう。 【“スミレの仲間は見られなくなりそう”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。