NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水抜きを実施しました。

rei (10)
  青葉小学校の子供たちが移植したエゾリンドウ。花がかなり成長して開花間近。この苗は種から3年目なので、播種からうまく行けば3年で開花することが分かりました。もちろん苗の大きさは小さいし、花の数も少ないですが。年数を経た自然の株は下のようにたくさんの花をつけます。
rei (11)
  ここ当分はエゾリンドウの見頃となるでしょう。


【“水抜きを実施しました。”の続きを読む】
スポンサーサイト

さびしい9月例会

rei (1)
  15日、「のぼりん」の2階で9月例会を開きました。出席者は3名。いまだかつてない少なさです。土日の二日にわたる草刈で疲れたのでしょうか。
 この人数では決められるものも少ないので、三人のテンションは下がり気味。配布資料がゴミになりました。

ササ刈りと外来種駆除を実施しました

ezokusakari (1)
  青葉小学校の子供たちが移植したエゾリンドウが早くも開花の準備です。
ezokusakari (3)
  11日と12日、この時期恒例のササ刈りと外来種駆除を実施しました。ササもすっかり小型化し、あっけなく刈り取られます。オオハンゴンソウとオオアワダチソウも少なくなりましたが、まだまだじみちに引っこ抜きを続けます。

青葉小学校4年生、湿原を体験

aosaishu (1)
  虫取り網や虫かごを手に土手を下りて湿原の中へ
7日、青葉小学校の4年生が湿原を体験しました。1日にスライドを使って事前学習を済ませていますが、今日は実際に湿原がどういうものかを体験する日です。みんな期待に胸を膨らませているようで、サポートする大人の方が緊張気味。学校の先生を含め約10名の大人で対応しました。 【“青葉小学校4年生、湿原を体験”の続きを読む】

ミズゴケの成長測定

  5日、ミズゴケの成長を測定しました。この暑さのせいでしょうか、ミズゴケもすっかり乾燥してまっ白になっていました。一見すると枯れているように思えるのですが、これまでの観察結果から推測すると、これはミズゴケが死んだふりをしているようです。お湿りが来ると元のように復活するようです。測定中のじじい二人は目と耳が不自由になりすっかり枯れています。こちらは復活しないようです。

kujya (13)

kujya (12)
【“ミズゴケの成長測定”の続きを読む】

青葉小学校の体験学習に向けて準備万端・・・

kujya (1)
  オオハンゴンソウとクジャクチョウ
  7日の青葉小学校体験授業に備えて草刈や移植用苗の準備をしました。子供たちには二つのことを体験してもらう予定です。
一つは、外来種の駆除。これはオオハンゴンソウを引っこ抜いて、跡地にエゾリンドウの苗を植えてもらう。事前学習で外来種の悪影響については触れているので、作業の大切さを理解してくれると思います。
二つ目は、魚すくいと昆虫採集です。これには子供たちも期待しているようで、きっと貴重な体験になることでしょう。こちらの心構えとしては湿原に負担のかからないように指導することですね。
【“青葉小学校の体験学習に向けて準備万端・・・”の続きを読む】

青葉小学校で総合学習の手伝い

ba (1)
  青葉小学校が総合学習の取り組みにキウシト湿原を選んで3年目。過去2年は12月に湿原内でオリエンテーリングを行い、湿原を探検してもらいました。今年は、「さらに夏場も体験機会を増やしたい」という学校の方針に応えて、9月7日に外来種駆除や昆虫採集や魚すくいなどを体験することになりました。今日はそれに先立ちスライドを使った学習をしてもらいました。 【“青葉小学校で総合学習の手伝い”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。