NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水位水質調査を実施しました

  本日は矢部先生が札幌からお出でになり、我々の水位水質調査に同行して湿原の現況をご覧になりました。また、室工大の河内先生もサンプル水採水のためいらっしゃいました。
 矢部先生にはミズゴケの再生やササ原の表土を剥ぎ取ったあとの利用などさまざまにアドバイスをいただきました。なかでも、市民への案内活動のあり方やどのようなソフトを作れるのかといった大きな課題を与えられました。この冬にみんなで智恵を出し合い、来年の春から実験的に試行していければいいと思います。
 さて、これまでこのブログのなかで「ヒツジグサ」と紹介していましたが、矢部先生から「エゾヒツジグサ」であることを教わりましたので訂正しお詫び申し上げます。


kansoku (2)
  今年7月のエゾヒツジグサ移植
スポンサーサイト

ミクリの移植

mikuri (3)
  まさに名前(実栗)のごとく栗の実にそっくりですね。本州では田んぼの水路にふつうに見られたそうですが、いまではレッドデータになってしまったようです。
 キウシト湿原では生えている場所が木道工事のルートになったので移動させることにしました。
【“ミクリの移植”の続きを読む】

10月例会

asiato (2)
  20日、「のぼりん」において10月の例会を開きました。これからの行事計画を立て、湿原内の工事について検討しました。木道の伸長、ササの剥ぎ取り、ホタル池の拡張について、図面を見ながらの作業でしたが、みんなの夢が現実になる楽しい作業でした。


asiato (1)
  「のぼりん」の一階ではKAWAじいさんの写真展が開催中。キウシト湿原の雪の上に残された動物の足跡を撮った写真展です。キツネやエゾヤチネズミのほか足跡が六個しか写っていないのにテンというのもありました。

下水道環境フォーラムで講演

foramu1.jpg
平成22年10月7日(木)に登別グランドホテルにて、我が会の会長が講演を行いました。
水環境とキウシト湿原の保全活動について、とても解りやすく、とてもおもしろい内容でした。
全道各地から出席された皆さんに、キウシト湿原の大切さをさらに広めることが出来たと思います。
また、これをきっかけとして、活動協力&入会してくださる方が増えると良いですね。
※ちなみに新聞にも掲載されたと思ったのですが、記事を見つけることが出来ませんでした。
すいません。m(_)m

【“下水道環境フォーラムで講演”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。