NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鳥池にマガモが来ています


  これまで我々が近づくと慌てて飛び立っていたマガモですが、今日は何故か逃げません。姿が見えるのはオス1羽だけ。ひょっとしてメスは巣の中ですか?近々、かわいい雛の姿が見られるカモ知れませんね。 【“水鳥池にマガモが来ています”の続きを読む】
スポンサーサイト

やっと暖かくなりました


  湿原の生き物たちの活動が活発になり、今朝はホタル池でギンヤンマが羽化してしました。近所の子供たちが5人ほどオタマジャクシをすくっていたのですが、ギンヤンマには気が付かなかったようです。
 植物もこれまでの遅れを取り戻すかのように次々と開花しています。
【“やっと暖かくなりました”の続きを読む】

にぎやかな5月例会


  16日、「のぼりん」2階で5月の例会を開きました。出席者13名でしたので、記録的な高出席率となりました。会議ではNPO法人化をめぐり熱い議論が展開されました。
 キウシト湿原が26年度に開園した場合、我が会は管理運営にどのように係わればよいのでしょうか?部分的に管理を引き受けるのか、あるいは指定管理者として全面的に管理していくのか。もしNPOとして指定管理者となった場合、やっていけるのか?不安もあれば意欲もある、生みの苦しさでもあり楽しさでもあります。

  6月例会で一定の方向は出せるでしょう。会員の皆様方とも意志疎通を図りながら、新しい組織と活動の在り方について理解と協力をお願いしていくことになるでしょう。

ザゼンソウの移植

zahana_R.jpg
  宅地造成により群生地が狭まっているザゼンソウをキウシト湿原に移植しました。作業員はじいさん5人、ご婦人2人。中には脚の骨を折ってまだ3ヶ月という不死身のじいさんも。久しぶりに春らしい陽気で、楽しい作業ができました。 【“ザゼンソウの移植”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。