NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゾカンゾウ群生

sendsai (4)
  低下した地下水位を回復する工事の効果と外来種駆除の効果からエゾカンゾウが群落をつくるまでに環境が改善されました。毎年毎年、黄色い花の数が増えていくのが実感されます。いや、正確にはオオハンゴンソウの黄色い花が減り、エゾカンゾウの黄色い花が増えたと言うべきでしょう。
sendsai (3)
  木道のそばまで咲いていますので間近に観察できます。


sendsai (1)
  カキツバタも木道にまではみ出して来ています。
sendsai (2)
  黄色い花ヤナギトラノオと青紫色の花カキツバタ。


sendsai (5)
  木道の上にはノリウツギの花が。
sendsai (6)
  白い花はガク片で、本当の花は中央にまとまっている部分だそうです。どうりで蜜を吸いに来るチョウは白い花にとまりませんね。


sendsai (7)
  ホタル池の周りに子供たちの足跡が。
  そろそろオタマジャクシたちに受難の日々が訪れるのか?

sendsai (8)
  水草の間に身を隠す卵を背負ったコオイムシのオス。子供たちに見つかる前に子育てを終われよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

美唄湿原

キウシト湿原のブログに載っているエゾカンゾウの写真は見事ですね。
美唄湿原の可憐な花々とミズゴケ群に出会えて、とても嬉しかったのですが、笹に浸食された植物たちはなんだか喘いでいるようにみえて・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiusito.blog15.fc2.com/tb.php/131-ebfa8bbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。