FC2ブログ

NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

冬の湿原を体験


  雪道を歩いてきた青葉小学校4年生。
今日は2回目の湿原体験の日です。私たちは、夏の体験とはちがう楽しさを用意しています。さて、どうなるでしょう。

resize3017.jpg
  さっそくグループに分かれ大人のリーダーと対面。リーダーから指令書と地図を渡された子供たちは、地図をたよりに指令されたポイントを探していきます。


resize3018.jpg
  捜索開始 !
指令書と地図をよく読んでね。



resize3019.jpg
  「ヤマブドウのツル」はこれじゃない
正解です。まずは簡単なものからね。



resize3021.jpg
  正解の場合はビンゴカードにを付けてもらいます。




resize3020.jpg
  「何かが起こる地面」ではぷよぷよの揺れを体験できます。湿原が水をたっぷり含んだスポンジのような状態だということを実感できて子供たちはびっくり。


resize3024.jpg
  野鳥観察の小窓からのぞくと・・・


resize3023.jpg
  完全に迷うこともしばしば。


resize3022.jpg
  「ちびトトロの穴」は子供たちに大受けです。


resize3027.jpg
  「タラノキ」のトゲをさわって痛さを体験。


resize3026.jpg
  「ターザンのツル」ではぶらさがらないと正解にはなりません。ちなみに、今の子供にターザンといってもわかりません。ターザンがヒーローだった時代は終わったのです。


resize3025.jpg
  そろそろビンゴが出始めました。


resize3028.jpg
  雪に埋もれた「フッキソウ」を探し出す。小さくても草ではなく、れっきとした木だよ。


resize3029.jpg
  最後は展望台に登り湿原を見渡す。


resize3030.jpg
  展望台からは湿原の中心部がよく見えます。
かくして冬の湿原体験は終了しました。夏には分からなかった新たな魅力に触れることができたと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiusito.blog15.fc2.com/tb.php/142-361bb659