NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キウシト湿原。雪がない!


  例年だと約40cmぐらいは積雪があるのですが、今冬は本当に少なく木道上もご覧の通りです。深い雪の下で寒さを凌ぐ動植物は直接寒さに晒され大丈夫なのでしょうか?
  今日は「かんじき」をはいて湿原を観察する予定日。それぞれ「かんじき」を持ち寄り集合した。


かんじき
  さまざまな「かんじき」
Aは本人手作り愛用の逸品。ヤマグワ製。
Bは籐製の市販品。
Cは現代的で丈夫なプラスチック製。約3,000円ほどで手頃。
DとEはもはや道具とは言えない。非常に軽く雪の上でも素早く動ける。兵器そのもの。

  この雪じゃあ出番がないよ!


  かんじきを履かずに湿原内を散策すると春の準備をしているものを見つけました。「ヤチハンノキ」の枝には茶色いものがたくさんぶらさがっていました。
雄花序

014雌花序_R
  花なのにこの地味さ具合は尊敬ものです。

花穂


030_R_20150208162423c0f.jpg
  これも去年のもの(マイヅルソウ)。この時期に赤い色彩は貴重です。


033_R.jpg
  コブシの花芽。開花まであと3ヶ月。


039_R_2015020816242788b.jpg
  できたばかりの案内板。こちらも準備万端整いました。


041_R.jpg
  ビジターセンターにはトイレもばっちり完備。


001_R_201502081623117f4.jpg
  開園は4月下旬。みなさんのお越しをお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiusito.blog15.fc2.com/tb.php/168-cd131458
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。