NPO法人キウシト湿原・登別

住宅地に残された小さな湿原の保護と活用に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢部先生キウシト湿原へ


  オオミズゴケのハンモックを解説する矢部先生
  矢部先生が今年度の植生調査の打ち合わせにみえられました。前回の調査から10年以上が経過し湿原環境も大きく変化したので、植生にどのような好影響が表れているのか、先生の調査が楽しみです。合わせて水位・水質調査も行いますので、私たちも手伝うことになります。
020_R.jpg
  調査は年3回。湿原内に15m間隔で約80箇所のポイントを設けて、それぞれの水位・水質を観測します。それによって湿原の乾燥化と地下水の富栄養化がどのように改善されているのかが分かります。さらに地表の植生を調べることで表れた影響を知ることができます。


026_R.jpg
  今年は本当に春がはやいですね。これでは5月連休中の「ミズバショウ観察会」でザゼンソウがすでに終わってますね。


022_R.jpg
  ヒメイチゲ


033_R_20150329213259afc.jpg
  もう開花し始めたナニワズ


024_R.jpg
  コケのなかから顔を出したフデリンドウ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiusito.blog15.fc2.com/tb.php/173-aeeadf6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。